高校野球 夏の予選成績

春の地区大会へ 夏の予選へ 秋の地区大会へ トップへ

予選成績はさかのぼって作成していきます。本塁打を打った選手は1981年以降掲載(一部はそれより昔のものも掲載)。

都道府県別 夏の予選成績 年度別 夏の予選
準々決勝以降の試合
北海道 東北 1915年(大正4年)
1916年(大5年)
1917年(大6年)
1918年(大7年)
1919年(大8年)
1920年(大9年)
1921年(大10年)
1922年(大11年)
1923年(大12年)
1924年(大13年)
1925年(大14年)
1926年(大15年)
1927年(昭和2年)
1928年(昭3年)
1929年(昭4年)
1930年(昭5年)
1931年(昭6年)
1932年(昭7年)
1933年(昭8年)
1934年(昭9年)
1935年(昭10年)
1936年(昭11年)
1937年(昭12年)
1938年(昭13年)
1939年(昭14年)
1940年(昭15年)
1941年(昭16年)
1942年(昭17年)

1946年(昭21年)
1947年(昭22年)
1948年(昭23年)
1949年(昭24年)

1950年(昭25年)
1951年(昭26年)
1952年(昭27年)
1953年(昭28年)
1954年(昭29年)
1955年(昭30年)
1956年(昭31年)
1957年(昭32年)
1958年(昭33年)
1959年(昭34年)

1960年(昭35年)
1961年(昭36年)
1962年(昭37年)
1963年(昭38年)
1964年(昭39年)
1965年(昭40年)
1966年(昭41年)
1967年(昭42年)
1968年(昭43年)
1969年(昭44年)

1970年(昭45年)
1971年(昭46年)
1972年(昭47年)
1973年(昭48年)
1974年(昭49年)
1975年(昭50年)
1976年(昭51年)
1977年(昭52年)
1978年(昭53年)
1979年(昭54年)

1980年(昭55年)
1981年(昭56年)
1982年(昭57年)
1983年(昭58年)
1984年(昭59年)
1985年(昭60年)
1986年(昭61年)
1987年(昭62年)
1988年(昭63年)
1989年(平成元年)

1990年(平2年)
1991年(平3年)
1992年(平4年)
1993年(平5年)
1994年(平6年)
1995年(平7年)
1996年(平8年)
1997年(平9年)
1998年(平10年)
1999年(平11年)

2000年(平12年)
2001年(平13年)
2002年(平14年)
2003年(平15年)
2004年(平16年)
2005年(平17年)
2006年(平18年)
2007年(平19年)
2008年(平20年)
2009年(平21年)

2010年(平22年)
2011年(平23年)
2012年(平24年)
2013年(平25年)
2014年(平26年)
2015年(平27年)
2016年(平28年)
2017年(平29年)
2018年(平30年)
北海道
[北北海道]
[南北海道]
青森
岩手
秋田
山形
宮城
福島
関東 東京
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
[東東京]
[西東京]
神奈川
山梨
北信越
新潟
長野
富山
石川
福井
東海
静岡
愛知
岐阜
三重
近畿
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
中国
岡山
広島
鳥取
島根
山口
四国
香川
徳島
愛媛
高知
九州
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
外地
朝鮮
台湾
満州

都道府県別
主な校名変遷
都道府県別
夏の予選決勝戦一覧



1915年関西 第1回大会予選紆余曲折 美津濃商店主催関西野球大会
1931年台湾 (KANO 1931海の向こうの甲子園)
1932年四国 零代ミスタータイガース松山商景浦
1934年京津 京都商(沢村栄治48回97K)
1939年紀和 伝説の左腕海草中・嶋清一
1941年〜45年 戦争で中断「帰らざるベストナイン」
1961年埼玉 ミスターホエールズ飯能松原
1969年兵庫 滝川VS三田学園(滝川マシンガン継投で完封)
1970年鹿児島 鹿児島玉龍VS指宿商(伝説の左殺し)
1973年栃木 作新学院(江川44回75Kノーノー3回)
1980年熊本 熊本工VS八代(熊本工伊東VS八代秋山)
1983年愛知 中京VS享栄(中京野中VS享栄藤王)
1985年大阪 史上最強チーム候補85PL
1987年大阪 史上最強チーム候補87PL
1991年愛知 愛工大名電(イチロー3年夏)
1998年東神奈川 史上最強チーム候補98横浜
1998年鹿児島 鹿児島実VS川内(鹿実杉内VS川内木佐貫)
2005年南北海道 駒大苫小牧VS北照(駒苫夏甲子園2連覇)
2007年神奈川 (東海大相模田中大田菅野 横浜高浜土屋筒香)
2009年大分 明豊VS楊志館(明豊今宮VS楊志館甲斐)
2012年大阪 史上最強チーム候補12大阪桐蔭
2012年岩手 盛岡大府VS花巻東(盛岡大付打線VS160キロ大谷)
2014年石川 星稜VS小松大谷(星稜9回大逆転)
2018年大阪 大阪桐蔭VS履正社 (大阪桐蔭最も苦戦した試合)