高校野球 主な校名変遷及び備考

北海道
東北
関東
東京
北信越 東海 近畿 中国 四国 九州 国外 予選参加
地区変更

トップへ


表の見方・・・校名が()で囲まれている場合はその名前での甲子園出場経験なし。
        xは現在硬式野球部は存在せず。
        校名変遷の途中の経緯を省略している場合もあります。
この「校名変遷及び備考」ではまだまだ統合した学校などすべてを網羅する
にはほど遠い内容なのですが、新しい情報が入り次第随時更新していこうと思います。

高校野球ファンの方々にあまり馴染みのない高校でも過去強豪だった学校やドラフト指名選手
を輩出している学校の校名変遷を表記している場合もあります。
甲子園出場経験のない学校で ○○中→○○高などのわかりやすいケースは省略しました。

女子校と硬式野球部のなかった学校からの変遷(統合も含めて) は省略しました。

他校と区別するための校名表記の変遷も載せています。
例・・・岐阜商 → 市岐阜商と区別するために”県岐阜商”、
例・・・和歌山商 → 市和歌山商と区別するために”県和歌山商”、
例・・・新潟県工 → 新潟市工の校名が変わったことにより区別の必要がなくなり”新潟工”

他校と区別するため以外での校名表記の変遷は載せていません。
例・・・ 九州産 → 九産大九産
例・・・九州 → 九産大九州

福井 → 福井工大福井と校名が変わったのが1978年のことですが、一般の書籍の表記で
福井 → 福井工大福井となったのは2006年なので、”福井工大福井”という表記で
甲子園にはまだ未出場ですが、校名は()では囲っていません。

校名表記の参考資料は朝日新聞(週刊朝日増刊号)とベースボールマガジン社の各誌ですが、
表記が違っていた場合は作者の判断で表記しました。
◆朝日新聞 ◆ベースボール
_マガジン
◆このHPでの
_表記
日生第二 日生学園二 日生第二
斑鳩法隆寺 法隆寺国際 法隆寺国際
広陵大和広陵 大和広陵 大和広陵
〜大 〜大高 〜大高 ※
鳴門第一 鳴門一 鳴門一
八代一 八代第一 八代第一
※ 〜日大の場合は”高”は省略