高校野球 2011年春 第83回 選抜甲子園 21世紀枠推薦校

21世紀枠推薦校 甲子園出場校 出場校戦力分析 組み合わせ 試合結果 トップへ

21世紀枠
推薦校
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年


地区推薦校
北海道 (北見)道立 遠軽
東北 秋田県立 大館鳳鳴
関東東京 栃木県立 大田原
北信越 新潟県立 佐渡
東海 三重県立 松阪
近畿 滋賀県立 守山
中国 広島県立 総合技術
四国 徳島県立 城南
九州 宮崎県立 西都商
リンク先は各学校のホームページ
(21世紀枠選抜大会出場校・・◎、地区推薦校・・○、地区推薦取り消し(辞退)・・●、県連盟推薦取り消し(辞退)・・▲)
都道府県推薦校
地区 都道
府県
学校 秋季大会
成績
推薦理由 主な出身者(中退・転校含む)
北海道 北海道 遠軽 支部優勝
地区2回戦
チームは地元選手で占める。寒冷地という
厳しい環境ながら近年は予選の上位常連。
室木洋一(武道家)
東北 青森   青森東 県4強 文武両道で、練習は限られた時間を有効に
使い県予選で好成績をおさめる。
古坂大魔王(歌手)
岩手   宮古商 県8強 秋の県予選8強とその試合内容の
良さ
<特になし>
秋田 大館鳳鳴 県優勝
地区2回戦
県内有数の進学校ながら野球部員は県内
最多の文武両道を実践。
上原敏(歌手) 
山形   北村山 県8強 部員12人で秋ベスト8の実績。雪かき
などの地域貢献。
高宮悠子(タレント)
宮城   東陵 4強
地区8強
秋季大会で好成績。部員の大半が寮生活
で、自主性・協調性を培う人間教育。
井上純(元プロ野球選手)
福島   原町 県8強 県内有数の進学校。費用捻出のために
アルバイトをするなど努力している。
高橋幸一(元プロ野球毎日)
高野慎哉(元プロ野球日ハム)
関東
東京
茨城   太田一 県8強 県内有数の伝統校で着実に力をつけて
きている。甲子園出場は地元の悲願。
荒蒔康一郎(元キリンホール
ディングス会長)
栃木 大田原 県8強 近年の予選での好成績。進学校であり
文武両道を実践している。
渡辺喜美(みんなの党党首)
U字工事(漫才師)
群馬   前橋育英 優勝
地区8強
秋季大会で好成績。礼儀やマナー、地域
ボランティアなどの面で高評価。
天田ヒロミ(格闘技選手)
埼玉   慶応志木 県8強 「練習ハ不可能ヲ可能ニス」をモットーにし、
学業と部活動の両立を目指している。
石原裕次郎(俳優・歌手)
千葉   専大松戸 県4強 文武両道。ここ数年予選では好成績を
おさめながらなかなか甲子園機会がない。
仲村トオル(俳優)
山本梓(タレント)
神奈川   藤嶺藤沢 県4強 地元出身者が多い。美化活動や球場の
補助員を務めるなどの模範的行動。
秦野章(元警視総監)
石井貴(元プロ野球選手)
山梨   帝京第三 県4強 地域に根ざした学校。冬は降雪でグラウンド
が使えないなか、練習を工夫している。
荒木貴裕(プロ野球選手・
ヤクルト)
東京 八王子 都(地区)
4強
秋季都大会でベスト4入りした実績。全国
でも戦える戦力。
小川直也(プロレスラー)
北信越 新潟 佐渡 県準優勝
地区1回戦
野球部員が60条野球部心得を基に精進。
地理的ハンディを克服すべく積極的に遠征。
本間雅晴(陸軍中将)
長野   飯山北 県4強 創部107年の伝統を持つ。現校名での
甲子園出場は期間が限られている。
田井安曇(歌人)
富山   高岡南 県8強 秋の県予選でベスト8に進出し善戦した。
ボランティア活動などが他の生徒の模範。
三箇一稔(お笑いタレント)
石川   金沢商 県8強 文武両道を実践。校舎立て替えにより練習
場所が限られる中、実績を残した。
中村和美(元バレーボール
選手)
福井   丹生 県4強 チームは地元出身者で構成。恵まれている
とはいえない環境の元、戦力を整備。
西川一誠(福井県知事)
東海 静岡   磐田東 準優勝
地区8強
地域の要望で創設された学校で磐周地区
初の甲子園出場を目指す。
AKIRA(EXILE・パフォーマー)
愛知   津島 県16強 創立110周年を迎えた進学校であること。
秋の尾張地区優勝と県16強の実績。
赤尾敏(元大日本愛国党総裁)
岐阜   岐阜工 県4強 水害にめげず手作りのグラウンドで練習を
重ねてベスト4の実績を残した。
山本寛斎 (ファッション
デザイナー)
Mr.マリック (超魔術師)
三重 松阪 県準優勝
地区1回戦
31年ぶりの東海大会出場。創立100周年
の文武両道校。甲子園出場経験なし。
石原壮一郎(コラムニスト)
近畿 滋賀 守山 県準優勝
地区8強
恵まれない練習環境ながら地道な努力で
結果を残した。学業と野球の両立。
井原正巳(元サッカー選手)
森田まさのり(漫画家)
GACKT(ミュージシャン)
京都   北稜 府8強 突出した選手不在ながら府8強の実績
を残した。
杉本彩(タレント、女優)
チュートリアル(お笑いタレント)
大阪   太成学院大高 府8強 地区大会出場3校と比較しても遜色ない
実力。清掃活動を続けている。
古久保健二(元近鉄捕手)
梶原雄太(キングコング)
兵庫   伊川谷 県8強 厳しい練習環境ながら好成績。「善行青
少年表彰」を贈られるなど地域の模範。
古田新太(俳優)
橘いずみ(歌手)
奈良   奈良朱雀 県4強 秋の県予選で好成績を残した。 明石家さんま(お笑いタレント)
城島茂(アイドル歌手)
以上奈良商OB
和歌山   那賀 県4強 メンバーは地元の選手のみ。元気が良く
溌剌としたプレー。文武両道。
志賀俊之(日産自動車最高
執行責任者)
横田久則(元プロ野球選手)
中国 岡山   水島工 県8強 地域に感謝の気持ちを表そうと校内や周辺
を清掃する。
佐々木誠(元プロ野球選手)
広島 総合技術 県4強
地区4強
多数のクラブとのグラウンド共有ながら、
工夫を凝らして実力校に定着した。
<特になし>
鳥取   鳥取中央育英 県優勝
地区4強
学校が統廃合するなか頑張って活動して
いる。好成績を残すも甲子園機会なし。
青山剛昌(漫画家)
小林繁(元プロ野球選手)
島根   出雲 県4強
地区1回戦
文武両道で部員数が少ないなか、工夫を
重ねて秋は躍進した。
澄田信義(前島根県知事)
山口   宇部工 県8強 様々な研究により環境保全に取り組む。
清掃ボランティア活動。
福永法源(法の華三法行
設立者・元代表)
四国 香川   高松北 県8強 好守のまとまり。四国初の併設型公立中高
一貫校として文武両道に取り組む。
太田浩介(俳優)
横手直子(バレーボール選手)
徳島 城南 県優勝
地区8強
困難な練習環境を克服。学業と野球を両立
させ文武両道を実践。
藤井真信(元大蔵大臣)
愛媛   三島 県8強 部員は全員地元出身。映画「書道ガールズ
!!」は同校書道部をモデルにしている。
YU-KI(TRF)
高知   土佐 県4強
地区1回戦
秋に県予選でシード校を破って四国大会
進出。学業と部活の両立。
北村総一朗(俳優)
黒鉄ヒロシ(漫画家)
九州 福岡   嘉穂東 県北4強 文武両道。他の部活動とグラウンド共有
の環境ながら実績を残した。
岡本麗(女優)
佐賀   唐津商 県優勝
地区2回戦
37季ぶりに九州大会進出。学業と部活の
両立。ボランティア活動。
藤井将雄(元福岡ダイエー
ホークス)
長崎   佐世保工 県8強 部員は県内出身者で構成。大会補助員を
積極的に引き受けている。
香田勲男(元プロ野球選手)
熊本 熊本西 県8強 県内有数の進学校で効率の良い練習に
励んでいる。秋の実績。
高島和男(熊本市議会議員)
大分   大分 県準優勝
地区2回戦
部員の大半が自宅から自転車で通う。
近年着実に力を発揮してきている。
岩崎久則(元プロ野球選手)
財前直見(女優)
宮崎 西都商 県準優勝
地区2回戦
部員わずか12人で秋健闘。清掃活動や
挨拶運動で口蹄疫被害の地元に勇気。
0930(女性2人組の音楽
グループ)
鹿児島   志布志 県8強 地理的なハンディキャップを乗り越えた。
秋予選で好成績をおさめた。
瀬戸上健二郎(医師、
「Dr.コトー診療所」のモデル)
沖縄   首里東 県4強 グラウンドを他部とローテーションで使用
するなど厳しい環境ながら初の4強入り。

あいろう&たか


ポール牧(コメディアン)・・Wikipediaによれば大館鳳鳴高校中退となっていたので載せていましたが、
実際には彼は修行で来ていただけとのこと(情報提供いただきました)。北海道天塩高校卒業。