高校野球 サイト調査依頼+回答

トップへ

読者の方の調査依頼や質問の内、判明したものをこちらで紹介していきます。
◆Q 1949年秋の岡山県大会優勝の関西、山口県大会優勝の萩北の2校はなぜその後
に行われた中国大会に出場しなかったのか?

◆A 弘田正典氏に情報提供いただきました。ありがとうございます。

引用-----------------------

とりあえずの「回答」?としては

※「岡山大会・山口大会は
中国大会より後に開催
されていたから」です

・中国大会は10月08日に開幕
10月10日に決勝

・岡山大会 決勝は10月23日
・山口大会 決勝は11月06日

また 出場メンバーから推測すると
岡山の倉敷老松(倉敷工)と
山口の柳井は両校とも夏の甲子園に
出場した旧チームでの参加でしたし
その他の各校も旧チームでの出場を
選択していたようです

鳥取の地元新聞
「日本海新聞」の9月3日付に
以下のような記事がありました

「十月米子で 中国高校野球
高校野球シーズンの最後を飾る
中国高校野球大会は五県高校野
球連盟主催で十月八日から三日
間米子東校グラウンドで開催さ
れるが出場は地元鳥取県四チー
ム、他の四県一チームずつの八
チーム、選手資格は新、旧チー
ムいずれでもよい、抽せんは七
日正午米子東高で行われる
なお県高校野球連盟では県民
大会として中国大会予選をか
ね二十三日から三日間倉吉高
校グラウンドで挙行、参加は
鳥取西、倉吉、倉吉農、米子
東、境の五高校でリーグ戦」
日本海新聞」1949.09.03より

当時は今の基準とは別の考え方
で大会が運営されていたことが
わかる実例のひとつです

引用ここまで(旧字は文字化けを防ぐため新字に変更しました)------------


翌年1950年昭和25年の選抜には中国地区からは萩北(山口)1校だけが選ばれて
います。管理人は1949年の秋の山口県大会優勝校が萩北というのは毎日新聞山口版
で見つけましたが、中国大会はその後に行われたものと思っていたため自分も質問者の
方と同じ疑問を持っていました。また山口では中国大会が行われる前の10月はじめに
下関大会、選抜大会といった小規模の大会も行われましたが、おそらくこれらは県大会
とは全く関係ないと思います。

秋の中国大会が岡山と山口の県大会の前に行われていたとなると、この年の中国大会
に出場した岡山・倉敷老松(倉敷工)と山口・柳井がなぜ出場校として選ばれたのか?
については新聞記事によるはっきりとした記述は見つけられませんでしたが、両校は
ともにこの年1949年の夏の甲子園に出場して好成績をおさめたからだろうという
のが推測できます。

選手の参加資格については、黎明期の秋季大会について静岡の読者さんのブログでも紹介
されていました。朝日新聞の1948年昭和23年の第1回全国高校野球地区大会に関する
記事には選手の参加資格は「全国高校野球大会出場資格と同じ」とあります。現在で例える
なら夏の大会が終わって本来引退するはずの3年生が秋の大会にも出場するということに
なります。