高校野球歴代日本代表メンバー 国際大会歴代優勝チーム

弘田氏作
PDFファイル
U18国際大会
参考資料
高校野球の国際試合
−日本選抜代表編
歴代U18国際大会結果メンバー掲載

1950
年代
1960
年代
1970
年代
1980
年代
1990
年代
2000
年代
2010
年代
ページの
トップへ
トップ

日本代表

高校日本代表選抜メンバー

弘田氏の調査によれば高校日本選抜メンバーが初めて海外に派遣されたのは
1955年(昭和30年)である。夏の甲子園終了後に大会で活躍した選手を
中心に選抜メンバーが結成され、初のハワイ遠征第2回日布親善高校野球
が行われた。第1回は1953年(昭和28年)にハワイチームが来日して
各都道府県の選抜チームや松山商など強豪校と対戦している。
参考 高校野球の国際試合― 日 本 vs ハワイ編 ―弘田氏PDFファイル

1970年代に入ってからは中止になった大会を除けば毎年夏の甲子園後に大会
で活躍した選手を中心に日本選抜メンバーが結成され国際試合を行っており、
現在は世界大会、アジア大会に参加するのが恒例になっている。
近年は夏の甲子園に出場していないドラフト候補選手が大会に勝つために実力
評価で選ばれるケースが増えてきた。

またポジション別の選出では外野手が極端に少なく投手が多い。投手、内野手も
外野を守ることになる。大会では木製バットが使用される。木製バットは金属
と違って芯に当たらなければ飛ばないため、各打者がうまく対応できるかも重要になる。

世界大会

WBSC U18ワールドカップは世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催に
より、隔年で開催される各国、地域代表の16歳〜18歳の選手による野球国際
大会である。かつてはAAA世界野球選手権大会、18U野球ワールドカップという
名称で行われていた。大会は1981年にアメリカで第1回が開催され97年
までは毎年開催されていたが、その後は隔年開催となり現在に至る。
世界選手権大会が開催されていない年は、大会の予選をかねた各地域の大会が行わ
れている(日本はアジア選手権大会)。世界大会期間が夏の甲子園開催中と重なって
いたこともあり日本代表選抜チームは長らく大会には参加はしてこなかった。年齢
制限が19歳以下だった1982年の第2回大会には東都大学新人選抜チーム
1、2年が参加、さらに1999年第18回大会は沖縄県高校選抜チームが参加
している。

2004年の第21回大会で初めて甲子園出場選手を含む全日本の代表チームとして
大会に参加、2015年には初めて日本で大会が開催された。同大会日本の最高
成績は1982年第2回、2004年第21回、2013年第26回、2015年第27回の
準優勝で世界一になったことはまだない。

AAA世界野球選手権大会

大会 年度 開催国 優勝 準優勝 日本の成績 日本代表主な選手
1981年アメリカ韓国アメリカ 不参加
1982年アメリカアメリカ日本 準優勝(東都大学新人選抜)
1983年アメリカ台湾アメリカ 不参加
1984年カナダキューバアメリカ 不参加
1985年アメリカキューバアメリカ 不参加
1986年カナダキューバ台湾 不参加
1987年カナダキューバアメリカ 不参加
1988年オーストラリアアメリカキューバ 不参加
1989年カナダアメリカキューバ 不参加
101990年キューバキューバ台湾 不参加
111991年カナダカナダ台湾 不参加
121992年メキシコキューバアメリカ 不参加
131993年カナダキューバアメリカ 不参加
141994年カナダ韓国アメリカ 不参加
151995年アメリカアメリカ台湾 不参加
161996年キューバキューバ台湾 不参加
171997年カナダキューバ台湾 不参加
181999年台湾アメリカ台湾 5位(沖縄高校選抜)
192000年カナダ韓国アメリカ 不参加
202002年カナダキューバ台湾 不参加
212004年台湾キューバ日本 準優勝涌井秀章(横浜)ダルビッシュ有(東北)
222006年キューバ韓国アメリカ 不参加
232008年カナダ韓国アメリカ アジア予選敗退
242010年カナダ台湾オーストラリア アジア予選敗退
252012年韓国アメリカカナダ 6位大谷翔平(花巻東)藤浪晋一郎(大阪桐蔭)

18U野球ワールドカップ

大会 年度 開催国 優勝 準優勝 日本の成績 日本代表主な選手
262013年台湾アメリカ日本 準優勝松井裕樹(桐光学園)山岡泰輔(瀬戸内)

WBSC U-18ワールドカップ

大会 年度 開催国 優勝 準優勝 日本の成績 日本代表主な選手
272015年日本アメリカ日本 準優勝小笠原慎之介(東海大相模)森下暢仁(大分商)
282017年カナダアメリカ韓国 3位中村奨成(広陵)清宮幸太郎(早稲田実)
292019年韓国台湾アメリカ 5位佐々木朗希(大船渡)奥川恭伸(星稜)

アジア大会

1994年にはBFA U-18アジア選手権大会がはじまった。BFA U-18アジア
選手権大会はアジア野球連盟(BFA)主催により、隔年で開催されるアジア地域
の各国、地域代表の16歳〜18歳の選手による野球国際大会で、かつてはAAA
アジア野球選手権大会、18Uアジア野球選手権大会という名称で行なわれていた。
現在、大会上位3チームが翌年のWBSC U-18ワールドカップへ出場することが
できる。日本は1994年-95年第1回、1998年第3回、2005年第6回
、2011年第9回、2016年第11回と最多の5度の優勝を誇る。

大会 年度 開催国 優勝 準優勝 日本の成績 日本代表主な選手
1994年-95年オーストラリア日本オーストラリア 優勝藤井秀悟(今治西)福留孝介(PL学園)
1996年フィリピン韓国台湾 3位下窪陽介(鹿児島実)岩村明憲(宇和島東)
1998年日本日本台湾 優勝松坂大輔(横浜)村田修一(東福岡)
2001年台湾台湾日本 準優勝大竹寛(浦和学院)原島正光(日大三)
2003年タイ韓国台湾 3位西村健太朗(広陵)小窪哲也(PL学園)
2005年韓国日本韓国 優勝田中将大(駒大苫小牧)山口俊(柳ヶ浦)
2007年台湾台湾韓国 3位(社会人・クラブ・専門学校選抜)
2009年韓国韓国台湾 3位(高校関東選抜)
2011年日本日本韓国 優勝北方悠誠(唐津商)近藤健介(横浜)
102014年タイ韓国日本 準優勝高橋光成(前橋育英)岡本和真(智弁学園)
112016年台湾日本台湾 優勝寺島成輝(履正社)今井達也(作新学院)
122018年日本韓国台湾 3位吉田輝星(金足農)小園海斗(報徳学園)